月額課金サービスに申し込むのを渋る私がNetflix(ネットフリックス)に申し込んで見て思ったこと。

映画・ドラマ

今日、動画配信サービスの1つである、Netflix(ネットフリックス)に申し込みました。理由は、「愛の不時着」がどうも面白いらしいからです。

申込みはネットで「ネットフリックス」と検索して、ネットフリックスのサイトでメールアドレスの入力とクレジットカードの登録をすればすぐに視聴開始できました。以前は無料視聴期間があったらしいですが、今はありません。随分強気ですよね。それでも私は登録しましたので、ネットフリックスの戦略は大したものです。

一番安いプランは月額800円で、1台の機器からしか見られないとのこと。携帯性もよく、そこそこ画面の大きい、iPad miniで登録しました。

最初の1ヶ月はもう1ランク上で月額1200円のスタンダードプランを体験できるとのこと。1.5倍の値段は中々痛いです。この1ヶ月はボーナスみたいなもんでしょうね。ちょっと特典を楽しみつつ、その快適さに慣れっこになってしまわないようにしなきゃと思います。

ネットフリックス メリット

  • 音声、字幕をいろんな言語でつけられる
  • 10秒巻き戻し、10秒早送りなど、ができる
  • 愛の不時着、全裸監督など、ネットフリックスオリジナルのドラマの質が高い(らしい)

音声、字幕をいろんな言語でつけられる

これは私にとって大変便利です。

というのも、たとえ日本語だったとしても、たまに聞き取れない言葉などがどうしても出てきたりするからです。そんな時、音声のみだと巻き戻して聞き直したりしないといけませんが、字幕もついていれば見ながらストーリーを追えます。より話を理解しやすいです。また、音量も不必要に大きくする必要がなく、耳にも優しい鑑賞ができます。日本語の番組だと字幕は最初は出ない設定になっていますが、「字幕」のところから、字幕を日本語で表示する設定にできます。

また、いろんな言語に音声も字幕も対応しているので、外国語学習にも使えるかなと思っています。外国語のドラマや映画を、外国語字幕で見ることもできますし、日本語字幕で見ることもできます。私は、ある程度まで見た、アメリカの弁護士ものの、「SUITS(スーツ)」の続きを見たいと思っています。

10秒巻き戻し、10秒早送りなど、ができる

これは、ながら観をしている私にとっては大変便利な機能です。ちょっと画面から目を話したときも10秒戻る事によって話についていくことができます。

語学学習でも、シャドーイング(話者の発言を追っかけて同じように発音する外国語の練習方法の一つ)をしたり、セリフを書き取って聞き取りの練習をしたりするのに使えそうですね。

ネットフリックスオリジナルのドラマの質が高い(らしい)

「愛の不時着」や「全裸監督」など、ネットフリックスオリジナルのドラマが度々話題に上っています。巧妙なマーケティングの賜物なのかもしれませんが、私のようなエンタメ系のサブスクリプションに抵抗感のある者にも一度契約してみようと思わせるほどの話題性です。解約はいつでも出来るそうなので、800円、勉強料として払ったつもりで一度契約してみようと思いました。

見られる番組にはキッズ用では、きかんしゃトーマス、しまじろう、ドラえもん、鬼滅の刃なども配信されていました。

デメリット 残念な点

一方、キッズ用としてみたかった、トイ・ストーリーやカーズなどのディズニーものは見つけることができませんでした。「ディズニー+(プラス)」という動画サービスをディズニーは展開しているので当然といえば当然かも知れません。「ディズニー+」の方は無料視聴期間があるようなので、こちらが気になる方はこちらを試されるといいかもしれません。

さて、ここから先は今日見た個別の作品について少し書いていきたいと思います。

愛の不時着を見るときのちょっとしたコツ

1,2話を見ました。見るときのちょっとしたコツを一つ。

残り3分ほどになると歌が流れて、エンドロールだろうな、と思っても見続けてください。歌が終わった後、物語のキーになる場面が最後にちょっとだけ出てきます。それで物語の見方や登場人物の心情の捉え方がガラリと変わると思います。

私は2話目で気づき、慌てて1話目のエンドロールの後を見直したら、ありました!キーポイントになるであろう重要場面が!この場面を見てから2話目を見たら登場人物の心情もわかっただろうにな、と、ちょっともったいない気持ちになりました。2話目のあの場面、あの場面、と思いだして、ああ、あの行動は、1話目のエンドロールの後の場面を見ていればもっとウキウキして見れただろうな、と思ったりもしました。

これから愛の不時着をご覧になる方はエンドロールの後にも注目してみてください。

全裸監督の感想(少しネタバレしてるかも)

1,2話の感想です。

いやー、昭和感満載ですね。でも、人間の心の底にある思いって、やっぱり抗えないのかな、一緒なのかな、とか思ってしまいますね。その他にも、全裸監督で気になったことは、

  • 人は褒められることを求めている

です。人って、褒められていい気になっていらないものを買ったり変なことをしたりしがちな生き物なんですね。自分も気をつけねば。なんだか人間が普段色んなものに隠している本能的なものや本当の気持ちを画面に一見コミカルにシリアスに映してくれる映画のように感じました。今後の視聴が楽しみです。

まとめ

私が強くメリットを感じたのは、

  • Netflixは語学練習のお助けツールになりうるポテンシャルがある

という点です。言語を気軽に切り替えられるのがいいところです。同じドラマをいろんな言語で学習できるのですから。内容が頭に入っている分、いろんな言語で聞いてみたいという人にとってはとてもいい語学教材になるかもしれません。DVDで3000〜4000円くらいで1シーズン分のドラマを買った場合、そのドラマのみしか楽しめず、しかもその言語と自国語のみしか学べません。それが、ネットフリックスだと、いろんなドラマや映画を選べるうえ、いろんな言語に音声も字幕も切り替えられます。多言語を学ぶ人ほど有利ですね。語学を楽しく勉強したい学生さんでNetflixに興味ある方は、語学の勉強を口実に申し込んでみるのもいいかもしれません。内容に引き込まれて語学の勉強どころじゃなくなる可能性にはご注意ください。それも一興かもしれませんが。

以上、エンタメ系の月額課金サービスへの申込みを渋ってきた私がネットフリックスに申し込んでみたという記事でした。

Netflix(ネットフリックス)に申し込もうか悩まれている方の参考に少しでもなれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました