最近の日本株の買い逃し2件 三菱商事とNTTドコモ あのときもっと買っておけば、、、

お金を増やす 投資

投資に興味のある皆さん、ここ数ヶ月は投資に関しては何かと大きな動きがありましたよね。その中で買い逃したな、と思っているのが2件あります。三菱商事とNTTドコモです。

買い逃し1 [8058]三菱商事(株)

7月下旬にコロナショック直後の水準にまで株価が下落した局面がありました。配当利回りは6%以上になっていたと思います。そのときに買おうかなとさんざん迷いました。

でも、「もっと下がるかも、、、」と思ったりして、なかなか買うという決断ができないまま、少しするうちにじわじわと株価は上がり続けました。

そして、約1ヶ月後の8月下旬、超有名な投資家、米国のウォーレン・バフェット氏が日本の商社株を買い進めていたとの報道があり、三菱商事を含めた日本の5大商社の株価は急上昇。

しまったなー、一株でも買っておけばよかった、と悔やんでも後の祭り。

チャンスに思い切って購入できるメンタルが大事ということを学んだのでした。

買い逃し2 [9437] (株)NTTドコモ

ドコモの株価ですが、6月下旬頃にかなり下がった頃に本当に買おうかとまで思いましたが買う決心がつかずに見送り。

そして、8月下旬、再びチャンス到来。安倍首相が辞任を表明されてから再びドコモの株価がじわじわ下降してきました。まだ下がるかもなー、と思いつつも、9月上旬にSBIネオモバイル証券で1株だけ購入。2840円で購入できました。

菅総理決定となってからも、通信料金の値下げを政府関係者が発言するたびにドコモの株価は下降し続けます。だいぶ安くなってるので買いたいなー、と思いつつも、どこまで下がるんだろうと思って買い増しには至りませんでした。もうちょっと時間がたって悪い材料が出そろって株価が上向き初めてからでも悪くないかな、と。

そうしたら、親会社のNTTによるドコモの完全子会社化の発表です。株価は急上昇。1ヶ月もしないうちに1000円以上も株価が上がりました。これには驚きました。

1単元の100株を買っておけば10万円値上がりしたことになったじゃないか、と思いましたがこちらも後の祭り。残念ですが、何せ投資初心者ですからこんなもんでしょう。

もっと買っておけばよかったけど、こんなのは予想できないや、と思ってあきらめます。まあ、1株でも持っていたから投資初心者にはよしとしましょう。1000円も上がったんだから今売ってしまってもいいかも、なんてことさえ思ったりします。が、どうも、SBIネオモバイル証券のこちらのお知らせによると、もう単元未満株では売り買いができないようです。これからどうするかはいくつか選択肢がありそうですが、面倒くさくないのはこのまま持ち続けて金銭交付を受けることなので、このまま持ち続けて金銭交付を受けたいと思います。

これから4兆円規模の公開買い付けとか、そういうダイナミックなことの、たった1株という一番ちっぽけではあるものの一応当事者でいられるわけだから、いい経験になると思ってこのまま経緯を見るのも楽しみです。

ということで、1株とはいえ買っておいたことはよかったなー、と思います。

大きなビギナーズラックを逃して悔しい気持ちは?

ありますね。あのときもう少し思い切って行動していればまた違った景色が見られたんだろうな、と思うと。

ですが、一番怖いのは、こんな降ってわいたようなまぐれ当たり、ビギナーズラックを幸運にも経験してしまうと、まっとうな、着実な、年利4-5%の投資がばからしくなって、ギャンブル投資に走ってしまう、というケースです。あのときの興奮とアドレナリンと成功体験よ、もう一度、というわけですね。

ついつい天狗になりやすいのが自分の欠点だということに、過去を振り返ってみると気づくので、今回はまぐれ当たりがちっぽけな金額ですんでよかった、と思うことにしようと思います。

これからも、まぐれ当たりの甘い蜜は蟻地獄への第一歩、ということを胸に、着実に、しかしここというときには過度に慎重にならないよう、投資で少しずつ資産を築いていこうと思います。

最後に。あくまで、投資は自己責任です。どんな有名なアナリストだろうと投資家であろうと、誰がなんといおうと、未来は読めません。誰の話であっても鵜呑みにせず、ご自分でしっかり調べて投資してくださいね。ましてや、甘い話や楽せず儲かる、は、ほぼ詐欺だと思います。気をつけてくださいね。

今回も読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました