iPhone5以来の久々のiPhone購入!iPhone 12 miniを買った理由

デジタル機器(PC・スマホ等)

iPhone 12シリーズ、皆さんはどれが気になっていますか?

私は、iPhone 12 miniを買いました。現在私が使っている携帯電話の機種は、ソフトバンクのプリモバイルという、2か月で3000円で使えるガラケーです。通信費が月1500円です。安いでしょ?それなのに今回iPhoneを買おうと思うようになったきっかけは、格安SIMがいろいろと出てきて、月1500円払ってガラケーの機能だけ使うのは割高だな、と思うようになったからです。以前はiPhone 5を使っていました。今回のiPhone 12シリーズはiPhone 5と同じような角ばった筐体になる、ということで、懐かしくもあります。

予約開始日時の11/6(金)の22時を待ち構えて買いました。私はsafariを見ながら待っていましたが、22時から15分以上たってようやく購入可能になりました。YouTuberさん達によれば、アプリからだとすぐ予約できたそうですね。次回はアプリから注文しようと思います。

では、私がなぜiPhone 12シリーズの中でiPhone 12 miniを選んだか、その前提として、iPhone 12 miniのメリットとデメリットとして私が思っていた事を書きます。

iPhone 12 miniのメリット

  • 小さい・軽い
  • iPhone 12シリーズの中で一番安い
  • スペックが優秀

です。一つ一つコメントしていきますね。

小さい・軽い

小さいiPhoneの代名詞である、iPhoneSE(第2世代)よりも本体サイズは小さいし軽いんです。

具体的には、iPhone 12 miniは縦の長さ131.5mm、横の長さ64.2mm、重さは133gです。

一方、iPhoneSE(第2世代)は、縦の長さ138.4 mm、横の長さ67.3 mm、重さ148 gです。

全ての面においてiPhone 12 miniの方が小さく軽いんです。

それでいて、画面サイズはiPhone 12 mini5.4インチ、iPhoneSE(第2世代)は4.7インチと、画面サイズはiPhone 12 miniの方が大きいんです。

私は、スマホはできるだけ小さいほうがよい、という価値観をもっています。持ち運びするツールなので、小さいほうが好きです。あまり大きいと、常に身に着けておくには不便だなと感じて、かえって持ち運ばなくなってしまう恐れが高いなと思うからです。

iPhone 12シリーズの中で一番安い

小ささ・軽さ重視の私にとって、小さい機種は値段が上がるかなと思っていました。ipadシリーズのipad miniなんか、通常のiPadよりも値段が高いですよね。

そうしたら、嬉しいことにiPhone 12よりもiPhone 12 miniのほうが値段が安いんです。これは文句なく買いだと思いました。

スペックが優秀

価格が一番安いにもかかわらず、スペックが優秀なんです。

具体的には、上位モデルのiPhone 12 Proと同じCPUの「A14 Bionic」を搭載しているんです。CPUは頭脳に例えられるとおり、スマホの処理速度に大きく影響する要素です。それが、上位モデルと同じなんです。めっちゃお得だと思いました。

また、防水防塵機能もしっかりついています。Appleのホームページによれば、「水深6メートルで最大30分間の耐水性能」、「4倍向上した耐落下性能」、とのことです。汚れても洗える、ってことが私にとっては重要です。洗えるからどんなところへも安心して持っていけます。

さらに、カメラもそこそこ優秀なんです。超広角、広角カメラがついています。Proシリーズと比べたらカメラ性能は劣りますが、その価格差分、使いこなせるかはわからないので、とりあえずシンプル機能のほうを選びます。100点でなくても、80点取れればいい、って発想です。

iPhone 12 miniのデメリット

一方、一歩前に発売されたiPhone 12 Proのレビュー動画などを見ているうちに、iPhone 12 miniのデメリットも感じるようになってきました。それがこちらです。

  • バッテリー持ちが他のiPhone 12シリーズと比べて短い
  • カメラに望遠レンズがついていない
  • 画面が小さすぎるかもしれない

バッテリー持ちが他のiPhone 12シリーズと比べて短い

バッテリーの持ちが、iPhone 12 miniだけ短いんです。Appleのホームページでビデオ再生時間として書いてあるのですが、iPhone 12 Pro Maxは20時間、iPhone 12 ProとiPhone 12は17時間、iPhone 12 miniは15時間です。スマホがガラケーに大きく劣る欠点が、バッテリー持ちの悪さです。私もスマホからガラケーに変えて一番メリットを感じたのがバッテリー持ちの良さです。ですので、初期状態でバッテリー持ちの短いスマホを買っていいのかな?って思いました。

カメラに望遠レンズがついていない

カメラをどれくらい使うかは未知数なのですが、望遠レンズというレンズそのものがついていないのです。

私は、写真や動画をとるための専用の高機能なカメラを持っていないので、カメラの機能は高いほうがいいなー、って思いました。

画面が小さすぎるかもしれない

今やスマホは小さなパソコンといっていいほどの機能を持っています。 そして、パソコンの画面が大きいほど一度に表示できる情報量は多くなり、見やすくなります。マルチディスプレイ環境が作業効率がいいといわれるのとよく似た理屈ですよね。

iPhone 12 miniは、画面が小さい分、情報量も少なくなります。特に、私はkindleで電子書籍を読んだり、iPadでgoodnotes5というアプリを使って本に書き込みをしたりして学習したりしているのですが、それらを読むには画面が大きいほうがいいだろうな、と思うからです。

ちょっと悩んだけど、やっぱりiPhone 12 mini

このようなデメリットに最後のほうでは心が揺れましたが、やはり価格、コスパ、使い勝手の良さ重視でiPhone 12 miniを選びました。

バッテリー持ちは体験してみないとわからないし、カメラ機能は使うかわからないし、久々のスマホ復帰ですからね。小さくスタートです。

この記事が皆さんのiPhone 12シリーズ選びのヒントになれば幸いです。

読んでいただきありがとうございました。皆様に幸あれ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました